【豆知識】チョコレートの「一般的な」健康効果

こんにちは、わたやんです!

 

これはバレンタインネタで教えていただいたものですが、チョコレートについては賛否両論あるようです。

それにつきまして、「一般的な」チョコレート(カカオ)の効能について書いていこうと思います。

 

もっと突っ込んだものは無料メールマガジン様限定の情報として掲載する予定です。

 

無料メールマガジンについてはお名前と連絡先をいただきますが、こちらの情報提供(メールマガジンの配信)のみに使用しますので、ご安心くださいませ(*’ω’*)

 

無料メールマガジンの登録はこちらから

 

チョコレートについて

さて本題です。チョコレートは体にいいのか?

ある情報ではチョコレートは体にいいと書かれています。

他の情報ではチョコレートは体に悪いと書かれています。

 

なぜこのように意見が分かれるのでしょうか?

 

それぞれの主張の根拠についてこれから書いていきたいと思います。

 

チョコレートが体にいいという理由

これはチョコレートに含まれるカカオの効果を指していると思います。

 

 

 

 

カカオには以下の効果があると報告されています。

 

  1. 血圧低下
  2. 動脈硬化予防
  3. 美容効果
  4. アレルギーの改善
  5. 脳の活性化
  6. 便通改善

 

この効果につきましてはカカオポリフェノールとカカオプロテインが関与しているそうです。

 

カカオポリフェノールについて

ポリフェノールはほとんどの植物に含まれている苦味や色素の成分です。

抗酸化作用を持っており、他に抗酸化作用を示すビタミン Cやビタミン Eと同じように働いてくれます。 そしてカカオポリフェノールは具体的にこのように働きます。

 

血圧低下について

カカオポリフェノールは血管を広げる作用があります。カカオポリフェノールを摂取すると血管の炎症が軽くなって、血管が広がりやすくなります。

 

動脈硬化の予防について

LDLコレステロールの酸化を抑える働きがあります。 さらに HDLコレステロールも増加するため動脈硬化の予防に働いてくれます。

 

抗酸化作用について

ポリフェノールが示す抗酸化作用によって活性酸素が除去されるので、シミ・そばかすなどの原因となる活性酸素が減ってくれます。

 

アレルギーの改善について

アレルゲンに対して抗体が作られるのを防ぎ、肥満細胞からヒスタミンが放出されるのを防ぎます。それにより過剰のアレルギー反応の発症を抑えてくれます。

また好酸球の働きを抑える効果もあります。

 

脳の活性化について

またカカオポリフェノールには脳の記憶力を脳の記憶力をあげる(可能性がある)という報告がされています。そのため認知症の予防などに期待されています。

 

便通改善について

カカオプロテインは消化が悪く、結果として食物繊維のように腸内をきれいにしてくれると期待されています。

 

チョコレートが体に悪いという理由

 

 

おそらくこれは砂糖や食品添加物を指しているだと思います。

例えば砂糖はエネルギー源にはなりますが、摂りすぎると糖尿病や高血圧や肥満などの生活習慣病の原因となります。

食品添加物については詳細についてはメールマガジン会員様限定の記事で書いていこうと思います。

 

気になる方はこちらからご登録をお願いいたします。

無料メールマガジンの登録はこちらから

 

どんなチョコレートを選べばいいのか?

詳細につきましてはメールマガジン会員様限定の記事で書かせていただきます。

無料メールマガジンの登録はこちらから

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

このようなイベントを開催しております!

ご興味のある方はこちらのリンクから↓

 

有機食材を楽しみたい!有機食材の美味しさを
特別なおもてなしと共に✨

NAMBAオーガニックナイト

 

 

菜食料理を楽しみたい野菜だけで鮭フライや焼き鳥など作れるんです!
世界にここだけの菜食料理を楽しむ会

 

 

もっと読みたい!と思った方はこちら

 

メールマガジンからブログのアップ情報と裏話をお届けしております!

 

メールマガジンの登録はこちらお得な情報が受け取れます!
ご興味のある方はこちらをクリック(^O^)

 

参考資料

明治 みんなの健康チョコライフ

健康長寿ネット ポリフェノールの種類と効果と摂取量

産経新聞 【健康カフェ】(146)チョコレート 健康効果あるが食べ過ぎはダメ

NIKKEI STYLE 高カカオのチョコレートは脳によい影響を与える?

コメントを残す