エコノミークラス症候群に食事は関係する!?

こんにちは!わたやんです。

今回は以前に書きました機内食ネタに続き、エコノミークラス症候群と食事の関係について書いていきたいと思います!

飛行機に乗る時の食事について

 

おさらい、エコノミークラス症候群とは?

食事や水分を十分に取らない状態で、車などの狭い座席に長時間座っていて足を動かさないと、血行不良が起こり血液が固まりやすくなります。

その結果、血の固まり(血栓)が血管の中を流れ、肺に詰まって肺塞栓などを誘発する恐れがあります。

飛行機のエコノミークラスに乗る方が発症することが多いため、エコノミークラス症候群と呼ばれております。

※厚生労働省、HPより引用しています

 

水分補給と足の運動が大事

恐らくこの二点は聞いたことがあるのではないでしょうか?

○水分不足で血液が濃くなることで血液中で血栓が出来やすくなる。

○静脈に血液が滞ってしまった結果、血栓が出来て、それが何かの拍子で血液の流れに乗り、血管を詰まらせる。

 

なので、血液の流れをスムーズにするために水分を摂って血液を薄めたり、足を動かすことで血流を良くして血栓が出来ないようにする。

基本的なことかもしれませんが、非常に大切ですね♪

 

適度な食事が予防に繋がる?

これは知らなかったことですが、適度な食事がエコノミークラス症候群の発症(フライト中・フライト前に食事すると良いそうです)のリスクを減らすそうです。

「搭乗前に、スナックを食べたり、軽めの食事をしたり、あるいは、ノンアルコール飲料を摂取することが、血行を促し、凝血予防に役立つ。食べ過ぎは、血液の流れが、消化器官に集中するため、適量の飲食がポイント。」と、2000年ですが、オハイオ州立大学医療センターの研究チームが報告をしております。

しかし、食べすぎやアルコールの摂取は逆にエコノミークラス症候群の発症率を上げてしまうらしいので、注意が必要です!

(血液がドロドロになって、血栓が出来やすくなるなるそうです💦)

もしも直接お話を聞きたいのでありましたら、下にご紹介させて頂いておりますイベントにご参加ください。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

このようなイベントを開催しております!

ご興味のある方はこちらのリンクから↓

 

有機食材を楽しみたい!有機食材の美味しさを
特別なおもてなしと共に✨

NAMBAオーガニックナイト

 

 

菜食料理を楽しみたい野菜だけで鮭フライや焼き鳥など作れるんです!
世界にここだけの菜食料理を楽しむ会

 

 

もっと読みたい!と思った方はこちら

 

メールマガジンからブログのアップ情報と裏話をお届けしております!

 

メールマガジンの登録はこちらお得な情報が受け取れます!
ご興味のある方はこちらをクリック(^O^)

 

 

参考資料

 

厚生労働省 エコノミークラス症候群の予防のために

 

くすりの窓 エコノミークラス症候群について

 

国立循環器病研究センター 【78】肺塞栓症

コメントを残す